医療ソーシャルワーカーになるには

How To Be

患者の信頼を得られることが第一。

まず相手の立場に立って考えることができ、相談者が安心して話ができるような、人との信頼関係を築くことのできる人に適しています。そして、心理面や経済面が複雑に絡んだ問題や、制度では解決できない難問に対処することも多いので、高い専門知識を持ち、素早く的確に状況をつかんで判断する能力が必要です。
そして何よりも、人の役に立ちたいという熱意のある人が望まれます。


医療ソーシャルワーカーとして就職するため特に定められた資格はありません。しかし、大学や専門学校等で社会福祉について専門的に学んだ後、医療機関等に採用されるということが一般的です。関連資格である社会福祉士や精神保健福祉士を取得しておくことを採用条件に挙げられることもあります。また、医療機関で実習をすることも重要です。
 

医療ソーシャルワーカーは福祉の専門職です。就職後も、専門分野や関連分野の学びを深めること、社会に関心を持つことも常に求められるでしょう。

 

お問い合わせはこちらから
 

 

 

 
 
身近な相談窓口
あなたのお近くにも相談窓口がございます

相談したいがソーシャルワーカーがどこにいるかわからないなどお困りの方はこちらをご覧ください。

詳細ページへ

 

患者・家族会

お問い合わせ

会員専用